沖縄を楽しもう!

沖縄生まれ沖縄育ちの「ちょこ」が沖縄でおすすめの場所や食べ物などを紹介します!

読谷まつり2017日程とプログラム(スケジュール)花火時間や闘牛

      2017/10/26

こんばんは。

ちょこです。

もう9月になっちゃいました。

そろそろ運動会シーズンだったりしますね。

沖縄は7月からいろいろとお祭りがありますが、

10月にもまだまだお祭りがあります。

 

今回は読谷まつりについて調べてみました。

読谷は読谷村で「村」ですが、

日本で一番人口が多い「村」なんですよ。

私の友達も読谷村出身の友達が多いです。

読谷まつり2017日程とプログラム(スケジュール)花火時間や闘牛

について調べてみました。

【スポンサードリンク】

読谷まつり2017
日程と場所

読谷まつりですが、読谷村で開催されます。

開催日程は

2017年10月28日(土)~10月29日(日)

2日間です。

※2017年は台風接近のため、中止になって

しまいました。。

 

開催場所:読谷村運動広場

住所:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2976番地

 

読谷まつりはよくあるお祭りとは違って

「伝統と創造のまつり」をコンセプトに

琉球古典音楽の演奏会や

創作劇なども披露されます。

 

2日間のフィナーレには花火も

打ちあがります。

【スポンサードリンク】

読谷まつり2017プログラム
(スケジュール)花火時間

読谷まつりの2017のプログラム

(スケジュール)はまだ公開されて

いませんが、2016年、2015年と

同じようなプログラムになると

思います。

 

1日目は読谷村の小中学生による

集団演技。

赤犬子琉球古典音楽大演奏会が

あります。

 

「赤犬子琉球古典音楽大演奏会」とは

読谷村の古典音楽愛好家や

読谷村の琉球舞踊家300名余りによる

舞台です。

三線・琴・太鼓などを300名で披露。

こんな演奏会を見る機会はなかなか

ないですよね。

 

2日目は、創作「進貢船」。

読谷村ゆかりの偉人「泰期」が

進貢船に乗り、明から帰ってきた

様子が演じられます。

進貢船とは中国皇帝に朝貢するための

貢ぎものを運ぶ船のことです。

ライトアップされた船が幻想的ですし

進貢船の前にはエイサー隊などがいて

かなりの迫力!

 

花火は読谷まつりの2017年10月28日(土)、

10月29日(日)の2日間のフィナーレに

打ちあがります。

28日と29日、それぞれ花火のスタート時間が

違いますので要注意です。

 

10月28日(土)は20:30~

10月29日(日)は20:45~

です。

 

打ち上げ花火の数は多くはありませんが

近くでみることができるので

なかなかの迫力!

Twitterに投稿されている方がいましたが

結構打ちあがってます。

村のお祭りなのにこの花火の数。

読谷、すごいですw

読谷まつり2017
闘牛は?

読谷まつりは2017年10月28日(土)、

10月29日(日)の開催ですが、

その1週間前に関連イベントとして

闘牛もおこなわれます。

闘牛、私は見たことがないんです。

沖縄は闘牛だけではなくて、闘山羊

(ヒージャーオーラサイ)も有名ですが

それも見たことがないです。

 

沖縄の文化の勉強のためにも

今年は闘牛を見に行こうかなと

思っています。

この読谷まつりの闘牛は

無料で見ることができるので

かなりおすすめです。

なかなか見るチャンスがないので

観光客の方もいいと思います。

 

読谷まつり2017の闘牛は

開催日:2017年10月22日(日)

時間:13時~

会場:むら咲きむら闘牛場

住所:中頭郡読谷村高志保1020−1

対戦表も公開されます。

2016年は8試合開催されました。

闘牛は牛と牛が角をぶつけ合う戦いで

角がぶつかると、ゴンっと重い音がします。

 

むら咲きむらでは、そのほかにも沖縄の

伝統工芸が体験できるので

「かんから三線」や「琉球ガラス」を

作ったり、

「沖縄そば」や「豆腐づくり」などの

料理体験もできますので、

闘牛のあとにもいろいろと楽しめますよ。

 

読谷まつり2017
駐車場はある?どこ?

読谷まつりの駐車場はあるのでしょうか。

調べてみたところ、メインの

読谷村運動広場の近くに無料駐車場があり

約500台ほど駐車可能です。

 

読谷村へバスでいくのはなかなか

大変なのでマイカーかレンタカーの人が

多いと思います。

駐車場は大きめなのでそこは嬉しいですね。

それでも、花火の打ち上げ時間に近くなると

混雑してしまうので、

花火が目的の方は少し早めに行くことを

おすすめします。

 

屋台もあっていろいろ食べるものもあるので

早めに行って、何かつまみながら

花火を待つのもいいと思います。

 

ところで、最近見たテレビで一番原価率が低い

食べ物ってわたあめなんですって!

まぁ、砂糖ですもんね。原料。

なんかそれを聞くと、買いたくなくなるんですが

うちの子はお祭りではわたあめを買いたい

らしいです。

読谷まつりでもわたあめ、ありそうですね。

まとめ

今回は日本で一番人口の多い村

「読谷村」で開かれる

読谷まつり2017について

調べてみました。

 

読谷村出身の方々による琉球古典音楽

の大演奏会。

創作「進貢船」。

ちょっと普通の祭りとは違いますよね。

地元の人だけではなく、観光客の方にも

ぜひおすすめしたいお祭りです。

 

関連イベントで行われる闘牛も興味が

あります。

花火も近くで見ることができ、

屋台もたくさん出ているようなので

かなり楽しめそうです。

 

沖縄ではほかにもお祭りが開催されます。

よろしければこちらもご覧ください↓

全島エイサーまつり2017日程とプログラム!駐車場やシャトルバス

青年ふるさとエイサー祭り2017日程とプログラムと駐車場!花火は

北中城村青年エイサーまつり2017プログラムと花火と駐車場

宜野湾市青年エイサー祭り2017日程と花火時間とプログラム!駐車場

 

気になる方はぜひ

おでかけくださいね。

最後までお読みいただきありがとう

ございました。

【スポンサードリンク】

 - イベント,